2017年8月30日水曜日

Ringoスツール





青森のりんごの木と青森ひばを使用しデザインさせていただいた、
Ringoスツール。





美術館やギャラリーで、ちょっと座るイメージでデザインをしました。
最近いろいろなWebメディアに取り上げていただいています。


国内では、
ROOMIE(ルーミー)
https://www.roomie.jp/2017/08/394377/amp/

海外では、
Design Milk
http://design-milk.com/an-apple-inspired-stool-by-takaaki-kamei/

Domus
http://www.domusweb.it/en/news/2017/08/29/apple_stool.html


今年5月下旬に弘前に行って、
自分が撮った写真が使用されているのもうれしい限りですw
よく見ると、、、ちょっとりんごの花が咲いていますw
暑い日が続いたせいで開花が早まり、ほとんど散ってしまっていましたが、
ここの農園が唯一、まだ少しだけ花が残っていました。
芝生に花びらもあり、タンポポの花がが咲いていて、
タンポポの綿毛もふわりと舞っていたりして
すごい幻想的ないい景色が広がっていて良かったですよ。




さらに、一緒に開発を行って製造販売を行っている、
青森県弘前にある木村木品製作所さんが
TOKYO FMにラジオ出演されりんごの木を使用して、
プロダクトを製作する想いがいろいろな方に少しづつ
伝わっていてうれしいです。

TOKYO FM Honda Smile Mission
りんごの木を捨てない木工屋さんをリサーチせよ
https://www.tfm.co.jp/smile/reports/aomori/20170822/





ちなみに下の写真は、
青森県立美術館の前で写真撮影をしたものです。







撮影をしていると、
香港から観光できていた家族の方が、
美術館の作品だと思ってくれたみたいで、
スツールの後ろに立って一緒に写真を撮られていたのが
印象的でしたし、うれしかったです。



座って写真とってもいいですよと声をかけてあげました。
デザインしたので今写真撮影しているんですと話をしたら、
握手を求められてしまいました。
海外の方のリアクションは、
日本人の方と違って直接的でいいものだなぁと感じました。



りんごの木を使用した新しいプロダクトをまた開発して、
みなさんにお見せできるように頑張りたいと思います!

2017年8月3日木曜日

知った気になっていたこと

昨日、千葉県いすみ市に打ち合わせに行ってきました。



昨日から伊勢海老漁が解禁されたとのことです。



雨が時よりパラパラしていて涼しく、
「くつろいでいるのに写真なんて撮りやがって...」
と、猫さんに言われているようでした。。



打ち合わせでは、
・リベットにもいろいろな種類があること
・見たこともない道具があったこと


打ち合わせ後に、
ブルーベリー狩りに初めて行ってきました。


ブルーベリーって、
金の輪っかみたいなのがついてるんです。





食べると、
全然知らない味がする。。。





へっ、
ブルーベリーってこんな味だっけ???
と。





種類や同じ種類でも木によって味が違う。
変な感じでした。





ガムや飴などのブルーベリー味
は一体何だったのだろうかと....





ブルーベリーは、
酸性の土壌で育つらしく、
紫色の身をつけるとのことです。
アジサイも酸性の土壌だと
紫色の花を付けるらしく、
同じようなこととのことです。
知らなかった〜





収穫時期も種類によって違うとのことで、
長い期間収穫できるけど、
1粒1粒収穫するのが大変とのことです。





その次は、
イチジクの栽培を見させてもらいました。

遠くから見て、
「あっ、ピーマンだ!」
と言って笑われてしまいましたw





だいぶ低い位置で育っていることにびっくり。






上に生えてくる枝は優等生なので、
ハングリーな横に生えてくる枝を残して
実を育てるそうです。




しかも実の数が多い。
枝の一節一節に1つずつ実ができる。






いや、
これは実じゃないらしい笑
中のつぶつぶ一つずつが花とのこと。





皮ごと食べれるらしく、
食べたら、
まったりと甘い。





ブルーベリー同様
へっ、
こんな味だったっけか??
と。





なんだこれ??
って感じがしました。





想像していた味と
全然違う。。。
ちょっと酸っぱい気がしていたんだけど。。。
甘かった。





今まで、
味を知っていたかと思い込んでいた。。。
本物は全然味が違いました。





デザインもそうですが、
現場を見て全部の感覚を使って
ものを知るということを
大切にしないといけないなと思いました。




もし、ブルーベリー狩りと
イチジク農園を見ていなかったら、
知らずに人生を終えていたかもしれない。
そう思うととてつもなく怖い。




いろいろな技術が進化して、
今やヴァーチャルリアリティが
急成長を遂げているけど、





ん〜〜〜〜 ???





と思ってしまいました。
VRもすごくいいし、
いろいろな体験ができるけれど、
それぞれの状況や場合に応じて、
ちゃんと自分で取捨選択して
自分にとって大切なことを
見極められるようになりたいものです。






気がつけてよかった。
本当の味を知れてよかった。



2017年7月31日月曜日

一生懸命プレーする


清宮選手率いる早実、
決勝戦で負けてしまいましたね。
甲子園でも見たいと思っていた方が
多いのではないでしょうか?






神宮球場は、
高校野球では初のチケット完売、
満員御礼だったそうです。
ただただすごい。
それだけの人が球場でプレーを
見たいと思っているんですもんね。






高校生のプレーは
なぜ心を動かすのでしょうか?
と思ったりします。





やっぱり、
見えないものが
あるのではないかと思います。






気持ち
想い





ですかね。
選手だけでなく、
応援している方々も含めて、
球場に気持ちがぶつかり合う。
いろいろな人の
いろいろな想いが
ぶつかり合う。
だからかなと思います。






なぜだか、
年を重ねていくと
高校生の頃の
ストレートでまっすぐな気持ちや想いが
くねくねとしてくるような、
そんな感じが僕の中ではあったりします。







高校生の一生懸命プレーする姿を見ると、
その感覚がふぉわふぉわっと
少し蘇ってくる感じがします。
まっすぐな気持ちで一生懸命に。
そうなろう、
そうなりたいな、
とまた思わしてくれる気がします。







また今日から頑張りたいです。
空振りを怖がらず、
フルスイングできる人になりたいです。




2017年7月30日日曜日

超高級市場の存在


横浜の企業さんへ打ち合わせに行ってきました。




そこでお会いした方から、
中小企業のお話と
「超高級市場」のお話をお聞きしました。





=====
・桁の違う「超高級市場」が海外には存在する
・資産の一つとして超高級品を所有する
・元々超高級品は王族貴族の遊びであった
・日本では廃止されてしまったが、海外にはロイヤルファミリーがたくさんある
・銀座、日本なんて眼中にない
・日本製品は、安くて壊れないいいおもちゃという感覚
・世界の一流のブランドと戦える技術は日本にあるが商品がない
・日本ではくすぶっていて大した存在ではないけれど、海外へ行けば一番になれる確率が高い
・これまで培ってきた技術を総動員して海外で勝負していく時代になっている
=====






と、のことです。






僕も、
だいぶ感じてきていた、
Made in Japan製品を国内で売るのは難しいなと。。。
やはりこれからは、
海外で売ることが必須になっていくと思います。






ですが、海外で販売するにも、
今の日本では考えられない、
「超高級市場」
と言うものが存在するとのことです。
高級ブランドがひしめく銀座なんて眼中にない!
なんて....トホホですよ本当に笑





海外の超富裕層から見るとそのように見えていることに
衝撃が走りました。






でもここに、
今デザイン界でも力を注いでいる
伝統工芸の勝機がある気がしますし、
利益率の高いものが売れるようになれば、
残業が減って、
給料が上がって、
休日も増えて、
ライフワークバランスが取れて、
働き方改革も勝機がある気がします。








そんなことを感じました。
とても勉強になりました。







話はだいぶ変わりますが、
この日は、別のところにも行っていたのですが、
ぽーとしていたのか、
だいぶ過ぎて電車の乗り換え間違いに気づき、
さらには、
ダイヤの乱れにより、
乗り換え検索の時刻と異なり、
なんて日だ!
というようなそんな日でした。
ねじを一本家に忘れてしまったようです笑



さらには、ちょっと歩いて別の鉄道会社へ
乗り換えるのにも初めてでよくわからなくて、
あっち行ったり、
こっち行ったり、
迷ってしまいました。。。





そう! 新杉田駅 → 杉田駅 です笑





身をもって案内板の大切さを知り、
いい勉強になりました。




いいことも
わるいことも
プラスマイナスゼロでできている
ようです。





終わりに、




横浜のシーサイドラインは、
運転席に座れて、
ひとりわくわくしてしまいしたw
夜は、
だいぶ反射してしまいますが、
夜は夜でまた違っていい感じでした。




2017年7月25日火曜日

飲みに行った話

いつもお世話になっている方が
誘ってくださって、
飲みに行ってきました。



ちょくちょくお会いしている方なのですが、
いろいろなお話をさせていただくのは初めて。
僕の親と同じぐらいの人生の大大先輩です。



「好きなもの食べていいよ」
と言ってくださって、
お刺身とか唐揚げなどを日本酒と一緒に
いただいてしまいましたw



と言うより何より、
一緒に飲んでいることがなんだかとてもうれしくて、、、
お客さんが他にいなかったこともあり、
5時間ほどほぼ貸切でついついたくさん飲んでしまいましたw




仕事での飲みではないのですが、
これまで働いてきた中で大切なことや、
いろいろな経験のお話を聞かせてくださいました。
僕の一番好きな話です!






【できるかわからなくても120%できる気持ちでいること】
大学では、文系。就職して配属された先は、システムエンジニア。
部下やいろいろな取引先の方との業務をしてきた中で、
● 自分が得意としない分野の方が一生懸命になれる
● だいたいみんなこれができますと言って入社してくるけど、できる人はほとんどいない
とおっしゃっていました。

僕も高校のときは文系、大学は理系だったこともあり、
話がすっと入っていました。
また、大学の時の教授も留学や就職の際に
嘘ついてもいいからとにかくそこに入ってから
自分のやりたいことと共通点を見つけてすり合わせていけ。
となんども言われた記憶があります。

だから、あながち苦手な分野も捨てたもんじゃありません。
短所を短所と思っているのは、
もしかしたら自分だけかもしれないなと... 。






【飲んで話すこと】
上司になって、プロジェクトを成功させるためによく行っていたそうです。
やっぱり会って話すことがとても大事。
仕事ができない部下がいて、
でも飲み会で余ったお酒のボトルを持ち帰るほどお酒好き。
取引先の方々と飲みに行くとすぐ仲良くなって、
その後個人的にランチに行ったり、飲みに行ったりしていたそうです。
そうするとその部下から取引先のいろいろな情報が得られて、
仕事が円滑に回ったそうです。
主たる仕事だけではなく、人にはいろいろな能力があるので、
コミュニケーションの中でお互いを知るというのはとても大切なこと。
とおっしゃっていました。

だから、だいたい飲みに行ったら、
「好きなもの食べていいよ」
っていうらしいですw
大きな仕事や大変な仕事のときこそ効果覿面だそうです!
飲みニケーションという言葉があるほど
やはり、お酒を飲みながらいろいろな話をすることは、
とても大切なんだなぁと感じました。

今の若い方たちは、
あまり好きではないそうですが、
僕は、もちろん飲みニケーション好きです!
いろいろな話が聞けるのはもちろん、
多分、「人」が好きなんだと思います。





【評価してくれる人と早く出会うこと】
課長に昇進するときに、
ある人からは良い評価、ある人からは悪い評価を受けたそうです。
同じように仕事をしていても、
人からはいろいろな見方をされるとのことです。
良い評価をしてくれる人とは、
何度も仕事の機会に恵まれる。
良い機会に恵まれるそうです。
そういう人と早く出会うと
より豊かな人生を送れるそうです。





【何度も顔を出すこと】
断られても嫌な顔をされても何度も顔を出すこと。
そうすると、あるとき、
話を聞いてもいいかもと思う瞬間があるそうです。
状況が変わる瞬間が訪れるそうです。
その主な例としては、
企業に来る保険の営業。
さらにそこで、転んだりそそをすることも大事だそうです。
印象に記憶に残るから。
ときには演技も必要だそうです。

どんなことでも、
人と人が会うと何かの瞬間に
良い方向に向くときがあるんだなぁと感じました。





【合うべき人にはばったり会うこと】
人間合う合わないはやっぱりあるそうです。
時間も有限で1日24時間で、
八方美人ではなかなか無理があるそうで、
どこに時間を集中させるのかが大事。
時間を費やしたくなる気の合う人には、
一度だけでなく、
不思議とばったりもう一度会うそうです。
そして話に花が咲くそうです。
そういう人っているそうです。

今逢いたいなと思っている人がいるのですが、
そのうち会えるんですかね〜?
逢いに行くのは簡単なんですが、、、
不思議なものでなぜかその人には、
良い機会に恵まれて逢うことができるんじゃないかなと
思っています。





そして、
最後は、お寿司とはまぐりの味噌汁をいただきました。
払う気満々でお金を潤沢に
財布の中に装備させて行ったのに、
一銭も払わさせていただけませんでした。
払う隙も与えてもらえませんでした。。






「後輩にご馳走してあげて」





と。
こうして幸せな時間が世の中で回っていくんだなと
感じました。






最新の技術も
便利なことも
とても大切なことです。
でもどうしても僕は、
昔のことや
アナログなこと
の方に惹かれてしまいます。
人間味があるからですかねw



2017年7月15日土曜日

今年もきれいに咲きました


一昨年から地域の方々と雑草を抜いてお手入れしている、
西千葉の学園通りのアガパンサスが、
今年もきれいに咲いてくれました。



もうだいぶ咲き終わりに近づいていますが、
もう少し楽しめそうです。



ちゃんと成長すると、
雑草も生えないぐらい根が張って
お手入れが楽になるそうです。



それまでは、
毎月1回ですが雑草抜きのお手入れを
地域のみなさんと頑張りたいと思います。
年配の方々のエネルギーを肌で感じると、
頑張らなくてはと思うとともに、
久しぶりに笑顔を見るとなんだかうれしくなります。
雑草抜きを行うことがメインですが、
本当は、地域の方々に会うことや
たわいのない話をすることがメインのような気がします。



この写真を撮っていたら、
原付に乗った警察官の方が現れて、
あやしい人だと思われてしまいました。。。
挨拶をしてなんとかあやしさを中和させていただきましたw





2017年7月11日火曜日

み〜つけた!


ふと見たら目が合ってしまいしたw
とくに探していたわけではありませんが、
あるとなんだかうれしいものです。
ラッキー♪

なかなか野草たちとたわむれることがないのですが、
緑はいいです。
たまには、見ていなかったものに
目を向けてみるとおもしろい発見が
あるかもしれませんね〜